第10回 「10分1000円」にこめられた時間価値の訴求がお客様のニーズに合致した。(前編)

キュービーネット株式会社 代表取締役社長岩井 一隆 氏キュービーネット株式会社 代表取締役社長
岩井 一隆 氏

聞き手 松室哲生(おもろい会社研究所主幹)

――大変な消費の低迷期ですが、昨年の10月から12月の3ヵ月で18店も出店していますね。昨年度の売上高はどれくらいだったのですか。

【岩井】前期(08年6月期)の売上高は連結で74億円、経常利益で5億5700万円でした。

――高成長を維持しているポイントはなんですか。

【岩井】成長のポイントを一言でいえば、お客さまが求めているものに特化したサービスを私たちが提供できたことで、お客さまのニーズに見事に合致したのだと思っています。

――具体的にいうとどういうことですか。

【岩井】つまり、お客さまがヘアカットにかける時間を10分間という短時間で済ませられるようにした。これが時間的価値。そして、お客さま自身ではできないヘアカットの部分だけを私たち技術者が行なうということで割り切ったのです。お客さまができることはご自身でやってもらうようにしたわけです。

続きはこちら

第9回 水に溶けないチタンだって溶かせた。 常識に頼るな、知識にすがるな。(後編)

ファイテン株式会社 代表取締役社長平田 好宏 氏ファイテン株式会社 代表取締役社長
平田 好宏 氏

聞き手 松室哲生(おもろい会社研究所主幹)

――ところで、選手のケアとは具体的にはどういうことをするのですか。

【平田】選手専属のトレーナーと我が社のボディケア・スタッフとで選手のコンディションをみています。以前ですとアクアチタンを使ったボディケアの効果を認めないというトレーナーも中にはいましたが、素手だけのケアとアクアチタンを併用したケアとの効果の違いを選手たちに実感してもらったことで、受け入れられるようになりました。
 
昔、私は料理人になるための修行をしたことがありますが、料理人の作る料理とこうしたケアとは同じようなところがあります。要は、評判がどうのという尺度ではなしに、相手に心から受け入れられるかどうかというところが重要なわけです。相手が望んでいる美味しい料理を、いいサービスと納得できる料金で提供できるかどうかで決まります。

続きはこちら

第8回 未知の発想は素人が生む。それを成功に導くのは情熱。(前編)

キュービーネット株式会社 代表取締役社長岩井 一隆 氏キュービーネット株式会社 代表取締役社長
岩井 一隆 氏

聞き手 松室哲生(おもろい会社研究所主幹)

――昨年12月にMLB(メジャー・リーグ・ベースボール)のオーセンティックライセンス契約を日本企業として初めて締結されましたが、現在はどのような状況でしょうか。

【平田】MLB商品もリリースされて順調です。11月の中旬に米国ラスベガスで次のライセンス商品の展示会とミーティングをする予定になっています。MLBサイドが乗り気なのにはこちらのほうがびっくりするくらいです。
 
米国は新しい話題に対する反応がとても早いですね。MLBばかりでなくNBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)、PGA(プロフェッショナル・ゴルファーズ・アソシエーション)からもオファーをもらい、ライセンス契約の仮調印をしました。向こうはチャンスに対しては垣根を越えてやってきます。

続きはこちら

第7回 何でもやってみなければわからない。「もう駄目か」と諦めかけたときが夜明け前。

株式会社 喜代村 代表取締役社長木村 清 氏株式会社 喜代村 代表取締役社長
木村 清 氏

聞き手 松室哲生(おもろい会社研究所主幹)

――『すしざんまい』第1号店をオープンして7年。店舗数は26店と多くはないのですが、売上高120億円、経常利益10億円(連結、08年9月期)と目を見張るような急成長ぶりです。それを可能にした大きな理由の一つが「年中無休、24時間営業の寿司店」というかつてなかったコンセプトです。そもそもなぜこのような店をつくろうと考えたのですか。

【木村】20代で最初に入った会社が大洋漁業(現マルハ)の子会社で冷凍食品を扱っていました。会社には3年弱ほどしかいませんでしたが、いろいろ魚の勉強をし、築地との付き合いもそのときから始まりました。

2000年の頃、築地場外の、ある店舗オーナーから「築地が陳腐化してきた。場外の店がこのままでは廃れていくので何とか活性化できないか」と相談をもちかけられ、「お前ならできるだろう」と一等地にあった35坪ほどの店(現本店)を無条件で貸してくれました。

続きはこちら

第6回 「何のためにこの会社はあるのか」素人の発想で常識を打ち破る。(後編)

ワタミ株式会社 代表取締役社長渡邉美樹ワタミ株式会社 代表取締役社長
渡邉美樹 氏

聞き手 松室哲生(おもろい会社研究所主幹)

――社員一人ひとりに会社のポリシーを浸透させることは簡単なようで現実にはむずかしい。それを乗り越えて、望まれる人材に育て上げるポイントはどこにあるのでしょう。

【渡邉】大事なことはミッションを共有するということです。
 
何のためにこの会社はあるのか、何のために外食事業をやっているのか、何のために農業をやっているのか。「何のために」という問いに対する明確な答えを持つことです。
 
そのためにはトップ自ら365日24時間どういう生き方をしているかを示すことが大切です。社員が1000人いれば、2000の目で見られています。トップは日頃社員に説いている理念を実生活でも実行することが必要です。たとえば私が切った伝票は経理部門に回り、社長が会社のお金を何のためにどのように使ったかわかります。伝票1枚で、社長の常日頃言っていることとやっていることは本当かということがわかってしまう。ですから世の中では、会社の理念は社員に浸透しないものとよくいわれますが、私にすればそのことは、トップが会社の理念の通りに生きていないせいだと思います。

続きはこちら

第5回  損得勘定で事業はしない。社員と「ありがとう」を集めれば、数字は自然についてくる。(前編)

ワタミ株式会社 代表取締役社長渡邉美樹ワタミ株式会社 代表取締役社長
渡邉美樹 氏

聞き手 松室哲生(おもろい会社研究所主幹)

その昔、居酒屋つぼ八のFCオーナーになった渡邉さんは、瞬く間に店の売上げを数倍に増やして、さらにお客さま本位の居食屋『和民』を立ち上げた。その奮闘ぶりは高杉良氏の小説『青年社長』に詳しい。

いまの渡邉さん率いるワタミの事業は、外食、介護、中食、農業、環境までおよび、外食は海外にも進出する企業に成長した。渡邉さんとは久しぶりの対面だったが、若々しい青年社長は健在だった。

続きはこちら

第4回  大学卒業イコール就職という発想は捨てるべきである(後編)

式会社パソナグループ 代表取締役社長南部靖之 氏株式会社パソナグループ 代表取締役社長
南部靖之 氏

聞き手 松室哲生(おもろい会社研究所主幹)

――米国もずっと以前は今の日本と同じく正社員採用、終身雇用を守っていた時代がありましたが、現在でははるかに自由な雇用の場を提供できています。

【南部】いまの日本の雇用の状況は20年前の米国ではないでしょうか。現在の米国ではフリーターは当たり前、市民権を得ていますが、日本でフリーターは国賊ですからね(笑)。日本の状況は未だ国力を強くするレベルなのだと思います。

――働くという観点からいうと今後、会社はどのような形態に変化していくと思いますか。

続きはこちら

第3回  30年でようやく格差を半分に縮めた。格差を無くし、国民の力をつけることが国の力をつける道(前編)

式会社パソナグループ 代表取締役社長南部靖之 氏株式会社パソナグループ 代表取締役社長
南部靖之 氏

聞き手 松室哲生(おもろい会社研究所主幹)

南部さんは、日本の人材派遣業のパイオニアである。大学在学中より、家庭に入った女性の再就職の道を作ってきた。人材派遣のフランチャイズ、日本初の新卒者対象の人材派遣・紹介事業、高齢者の就労の場を提供する事業にさえ着手した。その目を見張る行動力で、将来を見据えると、どんな視野が開けるのか、興味は尽きない。

続きはこちら

第2回  いまベンチャーの発想と環境を グローバルな視点でとらえて挑戦するとき(後編)

澤田ホールディングス株式会社 代表取締役社長澤田秀雄 氏澤田ホールディングス株式会社 代表取締役社長
澤田秀雄 氏

聞き手 松室哲生(おもろい会社研究所主幹)

前回は、海外旅行を皮切りにホテル、航空機、証券会社などへと手を広げられた澤田氏の辣腕ぶりについて話をうかがった。後半は、そのような事業を支える人材の起用と育成について、また注目されるアジア、欧米市場への進出に関する戦略を語っていただいた

続きはこちら

第1回 事業は「運」と「勘」、そして「人材」。 例え損をしても、粘ってやれば形ができてくる。(前編)

澤田ホールディングス株式会社 代表取締役社長澤田秀雄 氏澤田ホールディングス株式会社 代表取締役社長
澤田秀雄 氏

聞き手 松室哲生(おもろい会社研究所主幹)

ベンチャーの雄と評された澤田秀雄氏が海外旅行会社エイチ・アイ・エスを起業したのは30年近く前。その同社も、今では海外旅行で第2位の大手旅行会社に成長した。
 
ところが澤田氏の挑戦は海外旅行分野だけに終わらなかった。ホテル経営、飛行機の就航。さらにまるで畑違いの証券、銀行などの金融業にも手を広げ、実績を積み上げた。そのチャレンジ精神と行動力は健在である。
 
泰然自若とした風貌とその成功の影には、人知れぬ苦労と努力、またいくつかの成功の秘策があるに違いない


続きはこちら

お問い合わせ

お問い合わせ

トップページ -> あの社長が語る経営の極意