【第27回】20万円超のオーダースーツを7万5000円で作るというビジネスの謎

株式会社モンテビアンコ

面白いビジネスを見つけた。と言っても目新しい商売ではないかもしれない。スーツの仕立て屋さんである。イタリアの超高級ブランド、エルメネジルド・ゼニアの生地でスーツを作る。値段は超安い。僅か7万5000円である。もちろん、既製服で間に合わせている人にとっては、この値段は高いと感じられる方も多いだろう。これはあくまで仕立てであり、超高級ブランドの生地を使うというところにみそがある。

これで仕立てないか、と勧められたのである。ゼニアのスーツを同じ方法で仕立てると30万円以上はする。それが7万5000円というのは確かに安い。聞くと有名人もその店で仕立てているそうな。ほんまかいな、と思わなくもなかったが、友人のKさんが紹介してくれたことだし、まあ、心配する必要もなかろうと考えた。
 
私の性分からして、すぐにネットでこの手の商売をしている人たちを検索してみた。結構こういう商売が繁盛しているようなのだ。7万5000円はさすがになかったが、10万円程度で、同じようにゼニアをはじめ、有名ブランドのスーツを作るところは多いらしい。

 
神田のモンテビアンコに早速出かけてみると、その会社は神田駅近くの、ビルの一室にあった。中に入ると、別にブティックを気取った内装を施しているわけではない。見本や仕上がり済みのスーツがたくさん掛かっている点が、唯一この店の特徴を醸し出している。奥にソファがあり、そこで生地見本を見せてもらう。反物を見るわけではないので、どれがいいかというのはなかなか分からないのが欠点と言えば欠点だが、まあ、そこは想像力をフル活動させるしかない。結果として、2種類選びそれぞれの生地の値段を聞いた。7万5000円というのはあくまでも目安で、もっと高級な生地で仕立てるとそれなりの価格になる。私の場合は8万5000円となった。しかし、かなりいい生地であることは間違いない。これなら、いけるかもしれない。
 
この日は採寸までで終了。2週間ほどで出来てくるが、出来上がる前に一度試着した上で微調整を行ない、仕上げに入る。実際に必要な日数は3週間というところか。
同社がなぜ他社よりも安いか、それにはいろいろな理由がある。まず同社は、反物で多く買い取ることによって仕入れ単価を下げている。もちろんこれには売り先が安定していなければならないのだが、同社は高級セレクトショップで一世を風靡した元西武ピサの社員がいて、顧客ネットワークがそのまま維持できている。売り先があるのだ。前述した有名人の顧客というのも、その流れの顧客である。
 
しかもパターンの豊富さと日本人の体型を熟知した強みを持っている。
 
例えば、バスケットボール元日本代表で、230センチと日本人最長身選手だった岡山恭崇氏のスーツも同社で作っている。そして顧客のオフィスに出張して採寸などをすることにより、無店舗ビジネスが可能になっていることも大きい。また、縫製は地方に出すことで、コストダウンを図っているといった具合だ。

「ス・ミズーラ(SU MISURA)」 というイタリア語がある。「あなたのサイズに合わせて」という意味で、つまりオーダーメイドである。ただ、普通のオーダーメイドが仮縫いしてサイズを合わせた後に本縫いするという工程を取るのに対し、この仕立て方は、あらかじめ用意されたスーツの部分ごとのパターンが用意されており、そのパターンを組み合わせて仕立てるという方式を採っている。それをパターンメイドと言うのだ。モンテビアンコのこの方式もパターンメイドである。
 
実は10年ほど前に、エルメネジルド・ゼニアの社長にインタビューした時に話に出てきたのが、この「ス・ミズーラ」という言葉だった。ゼニアでは日本の店で採寸したデータを本国に送り、そちらで縫製し、日本に送り返してくるというシステムがとられている。何十種類ものパターンがあり、それを組み合わせるこの方式はさしずめ、部品をアッセンブルして自動車を作るのに似ている。つまり、スーツという商品の部品が幾つものパターンに分けられていて、その中から着る人の体型に最適のパターンを選び出し、それを組み合わせてスーツを作るというわけだ。
 
面白かったのは、ゼニアがこの方式を導入した時に日本のコンサルタントに指導を受け、「トヨタ生産方式」を導入したことである。生地の部品をかんばん方式で管理し、効率化を図る。そんなマネジメントをよもや一流のファッションメーカーがやっているとは夢にも思わなかっただけに、新鮮な驚きだったのを覚えている。
「市場」というものの概念はネット社会になって凄まじく変化したが、それはネット上で物を売ったり買ったりすることだけではない。実は、もっと広がりのある影響力であったということが漸く分かってきた。ネット上のビジネスは、今まで考えてこなかったような決済方法や、調達手段、そしてプロモーション方法などさまざまな手段をわれわれに提示してくれた。それに啓発されてネット以外のビジネスも動いている。
 
こうした一連のビジネスもそのいい例だ。あとは、モンテビアンコのようにどうやってコストダウンを行ない、そして価格競争に勝っていくかである。おもろいビジネスは次々に生まれている。

(2008・7・2)


トップページ -> なぜこの企業が凄いのか -> 【第27回】20万円超のオーダースーツを7万5000円で作るというビジネスの謎