【おもろい会社とは何か?】第5章

・お客に愛される会社になるにはどうすればいいか?
・出来ないと思うようなことをやり遂げるパワーの魅力
・既成概念で凝り固まった人には務まらない

お客に愛される会社になるにはどうすればいいか?

前回の冒頭でゴーイング・コンサーン(企業を継続していくこと)ということを書いた。会社とは継続である、と。会社を継続すると言うことは社会的責任であるとも。
会社は事業を行なって利益を出していかなければならないし、それを続けていかなければ会社は継続しない。だから事業の継続は大切である。

しかし、会社を継続する上でもっと大切なことは、社会の信頼を得るということである。一口に社会の信頼を得ると言っても、よく分からないかもしれない。具体的に言えば、お客に愛されることであり、地域に愛されることであり、従業員にこの会社にいてよかったと思わせることである。

これはなかなか大変なことである。お客に愛されるためには、愛されるような商品を作り、愛されるようなサービスを心がけなければならない。いままでの項で書いたように、人のやっていないことにチャレンジするのは当たり前であり、人のやっていないことを如何に持続させていくかということに腐心し続けなければならない。また、爪の長い会社であってはいけないし、同様にぶれる会社であってはならない。そしてそれらの意識を浸透させるためには、社長自身がしっかりと社の内外でコミュニケーションをとっていかなければならない。

経営者である社長の役割が重要であることはもちろん、社員もそれに対応していかなければならない。社員も大変である。

おもろい会社の経営者はどの人も非常に個性的である。物事を推進していくパワーがある。だから、時には非常にワンマンだ。自分だけが一番という時さえある。当たり前の話だ。自らの考えたことを実行して行くには、パワーが必要である。しかも多くの場合、まだ誰もやったことがないようなことにチャレンジするわけだから、そのパワーは並はずれていなければならない。そうでないと物事は進んでいかないのだ。部下の言うことなどほとんど聞かず、自分の考えたとおりに実行しようとする。

だから時には、不遜にも見え、傍若無人にすら映るときがある。そう見えるのは仕方がない。自分の意志を貫き通すとことが重要なのであり、他人にどう見られようと関係ないのである。自分が考えたとおり物事を推進できたか、このことが一番の関心事なのである。


出来ないと思うようなことをやり遂げるパワーの魅力

こう書くと非常に偏った経営者像が浮かんでくるかもしれない。しかし、多くの場合、こういう経営者は魅力的である。特に外部の人間にとっては魅力的だ。それはそうだ。物事をあいまいにせず、自分の考えをはっきりと述べ、行動でそれを見せる。何より実績でそれを証明する。そういう人物が魅力的でないはずがない。

むしろ大変なのは社員である。おもろい会社の社員は、社長の考えを、(企業理念の基に)実行に移さなければならない。それもあらゆることが想定される。無茶だとか、出来ないと言うことが頻出する。

それは、今日突然に始まり、今日中に仕上げなければならないことかもしれない。1週間で新店をオープンしなければならないことかもしれないし、いきなり社長の椅子を提供されるチャンスを与えられることかもしれない。

後述する、ファイテンの平田好宏社長は、その飛躍のきっかけとなったチタンを水に溶かした技術についてこう言っている。
「自分は、チタンが水に溶けないと言われていることを知らなかった。開発に当たった社員も知らなかった。しかし、私はチタンを水に溶かせと指示をしたし、出来るまでやれと言った」

それでも懸命に社員は研究し、その結果その技術開発に成功し、同社は大飛躍を得るに至った。

同じような話はまだある。京都に日本電産という一部上場企業がある。超小型モーターの世界的なメーカーだが、同社の永守重信社長は以前に、創業間もない頃のこんなエピソードを話してくれた。
--当時の大手メーカーは社内にモーター部門を持っていた。だから営業に行っても仕事が取れない。こちらの価格が低くても、社内で作ることを優先した。その中で、社内では出来ないような難しい仕事ならといって回してくれたメーカーがあった。それが超小型のモーターだったのだ。永守は思わず会社に電話をかけ、仕事を取ったことを伝えると、向こうから技術の責任者が「社長そんなものを作るのは無理です」という答えを返した。それに対して、永守は「それが無理かどうかを決めるのは自分だ」と言い、その仕事をやらせたというのだ。その結果、世界的な超小型モーターが開発され、同社は世界的なメーカーへの階段を上がっていく。

こういう話には枚挙のいとまがないほどだが、つまるところ、こういう社長のパワーがなければ新しいこと、人のやってないことへのチャレンジなど出来ないのである。


既成概念で凝り固まった人には務まらない

おもろい会社で大変なのは社員である。

いや正確に言おう。おもろい会社で大変なのは、「一般的な会社」という既成概念にとらわれて会社員生活を送りたいと考えている人である。

例えば、大企業に慣れ親しんだ人がこの種の会社に入ったとする。その人のキャリアや年齢にもよるが、それまでとはまったく違う経験をすることになる。そんな時、これはやり方が違うとか、普通はこういうやり方をするというように考える人はおもろい会社には向いてはいない。そうではなく、なるほどこういうやり方もあるのか、考え方もあるのかと思うような人の方がおもろい会社には適合しやすい。1日の労働時間は8時間という人には向いていない。自分の時間が出来るだけ欲しいという人には向いていない。向いているのは仕事が面白くて、その仕事にのめり込むような人である。だから大変なのだ。

しかし、ちょっと考えれば分かることだが、それがどんな仕事であっても、頭角を現すような人は、自分の属している場所が大手企業であれ、中堅企業であれ、その仕事への対応は同じである。もちろん大手企業の方が会社が成熟している分、資金力やブランド力がある分仕事はやりやすい面があるかもしれない。しかし大きな組織だと組織の複雑さや、意志決定の階層が何段階にもなっているために、物事がなかなか決まらず、いたずらに時間がかかることがあるのはよく知られたことである。仕事をする上での障害はどこにいても同じである。

結論から言うと、おもろい会社で社員がつとまるかどうかは、ひとえに仕事に対する姿勢で決まる。社長が1週間で店を出すと言った時に、どうすれば対応できるかを考えられる人。理屈では出来ないような商品の開発を石にかじり付いても遂行しようとする人。こんな人が集まっておもろい会社は成長を遂げていく。

(2008・2・12)


トップページ -> 松室哲生「超企業論」 -> 【おもろい会社とは何か?】第5章