2015年5月27日

今週の第1位は『日経ビジネス』・・・JAPAN RUSHING


日経ビジネス ... JAPAN RUSHING
週刊ダイヤモンド ... 究極のダイエット
週刊東洋経済 ... 日本型雇用システム大解剖
週刊エコノミスト ... 世界史を動かす聖書と金利

 今週の経済誌のなかで際立っていたのは『日経ビジネス』の特集でした。日本がだんだん見向きもされなくなってきている、という認識が蔓延しているなか「いえいえ、そんなことはありません」という特集を組んだからです。そのタイトルはJAPAN RUSHING。バッシング(叩き)に始まりパッシング(素通り)され、あとはナッシングだったはずなのに、ラッシング(押し寄せる)とは。ネーミングもいいですね。その根拠もなるほど、でした。これが今週の第1位です。
『週刊ダイヤモンド』も面白い特集を組んでいます。そのテーマはダイエット。何せ2兆円市場なのだそうです。記者が体験取材を試みており、説得力もあります。これが第2位。
 第3位は『週刊東洋経済』です。日本の企業の働きかたが変わるなか、ブラックだワークシェアリングだ、残業代ゼロだ、と何やら怪しい動きが多い労働環境にメスを入れようというわけです。なかなか読みごたえはありますね。
 そして最後は『週刊エコノミスト』です。特集テーマは「聖書と金利」と何やら「オッ」とさせられますが、読むとなかなかに難しく、特集の必然性がどこにあるのかが伝わってこない(マイナス金利の必然性を読み解こうとしているのですが)、ということで第4位です。

nikkei20150527.jpgdia20150527.jpgtoyo20150527.jpgeco20150527.jpg

第1位
■ 日経ビジネス■ <<<  日本はまだまだ魅力的!?

 東急東横線・綱島駅から徒歩12分程の工場跡地、ここに来年、米アップルの技術開発拠点が完成する。同社が米国以外に開発拠点を設ける事は初めてのことなのだ。
 経済の成熟、少子高齢化、国家赤字。度重なる問題によって「明日なき国」と化した日本になぜか今、世界中の企業が殺到している。製造業からサービス業まで世界中の様々な企業が「Japan Rushing(日本へ殺到)」する理由は何なのだろうか。
 このテーマを特集したのが今週の『日経ビジネス』である。同誌は、外国の企業が日本に見る"魅力"とは何かを4つに分類した。
 一つは「『社会的課題』が山ほどある」ということ。日本人に明るい未来が見えないという事はそれほどまでに抱える問題が多いという事。それはつまりそれを解決する需要もまた数多く眠っている事を意味する。例えば語学音痴でグローバルな人材が育ちにくい日本人には英会話教育システムを売り込メルチャンスがあるといった形だ。
 2つ目は「製品開発に最適な『インフラ』がある」だ。経済の不安による消費不況の中だからこそ画期的な売り方を試したり、厳しい消費者に鍛えられたりと、ある種修行場的な見方をする企業もある。
 3つ目は「『ニッチ市場』でも十分なパイがある」ニッチなはずがそれなりの規模を持っている...。日本では損な「大きなニッチ市場」とも呼べる市場が散見している。特殊家電やエスニック等のマイナー外食産業といったニッチな分野の市場にも外国企業が集まっている。
 4つ目は「実はまだまだ『人材』の宝庫」というモノ。「日本にはグローバルで活躍できる人材がいない」そういった自虐的な論調が世を風靡しているが、世界にはそんなことはつゆとも考えていない企業が数多くある。例えば日本の介護士のうち6割は介護の仕事についていない。お隣中国は介護人材が圧倒的に少なく、日本の介護人材を高く買っている。
「外資にとっての日本の魅力」という視点が面白い。


第2位
■ 週刊ダイヤモンド■ <<<  痩せたい人の市場規模は2兆円

 減量に対する現代人の情熱は際限がない。ダイエット市場はいまや2兆円を越える巨大産業だ。遺伝子、IT、痩身医療など最新の技術を用いたダイエットが台頭する中で本当に痩せるダイエットとは何なのか、『週刊ダイヤモンド』が解明しようというわけだ。なにせ2兆円の市場である。
 面白いのは同誌記者の体当たり取材によって究極の減量法を徹底解明したこと。
 例えば、最近人気が急騰している高級プライベートジム「ライザップ」。糖質制限食と集中的なトレーナーとのマンツーマントレーニングによって短期集中型のダイエットプランを売りとしている。高額な反面高いトレーナーの質や食事制限の徹底した指導でダイエット業界のトップを進んでいるのだ。
 しかしダイエット産業の移り変わりは激しい。次の主役を狙う勢力のウチの一つが「遺伝子ダイエット」だ。これは遺伝子検査によって大まかに3種類に肥満タイプをわけ、それぞれにあったダイエット方法を提案するといった物だ。検査と合わせてそれぞれの肥満タイプに適したサプリ等を開発、販売する事で勢力を拡大しようとしている。
 一方でライザップより金はかかるがラクに痩せられる努力がイヤな人にはぴったりの脂肪吸引に代表される痩身治療という物もある。しかし表沙汰にはなりにくいものの死亡事故の発生しており、リスクが伴う。やれやれ。

第3位


 長時間労働の是正等、自分の働き方を見直したいというビジネスマンの機運は衰える気配を見せない。国会においても、労働時間規制の適応除外等の改正法案が審議入りする等、世の中全体で雇用のあり方を見直そうという動きがある。だが、今までの日本型の雇用慣行をちゃんと認識しないままで欧米流に変更すると手痛いしっぺ返しを食らいかねない。まずは日本型雇用慣行とはどういったモノなのかちゃんと知る必要がある。
 そんなわけで、今週の『週刊東洋経済』の特集は「日本型雇用システム大解剖」だ。
 ジェームズ・アベグレンは著書の『日本の経営』で、終身雇用、年功序列、企業別労働組合の3つを日本型経営の「三種の神器」とする考え方を述べた。しかし三種の神器は帰結であって根源ではない。では、日本型雇用システムの根源とは何なのかそれは「メンバーシップ型」だと同誌は主張する。
 日本では他の国と比べて職務という考え方が希薄で、企業内の仕事を職務毎に切り離さずに雇用契約を結ぶので労働者は全ての仕事に従事する義務を持つからだ。本特集では「部下なし管理職の生き残り法」や「本当に日本の解雇規制は厳しいのか」など、読みたくなるキーワードがいろいろと入っている。


第4位
■ 週刊エコノミスト■ <<< 金利を取ってはいけない!?

歴史を振り返ると、宗教が金利を禁じていた時代がある。金利にはいい金利と悪い金利とがあり、古代にはマイナス金利の発生もあった。異常なほどの低金利やマイナス金利は我々に価値観の転換を迫るサインだと同誌は主張する。確かにそうかもしれない。仏教は今日の日本では脱世俗とか無欲とかを説く宗教と理解され、経済社会とは無縁とされているが、発生当時から承認の消えによって支えられてきたというような事実の解説があるなど、読み物としては面白い記述もあるものの、全体として、何を言いたいのかが伝わってこない気がする特集である。